FC2ブログ
四国香川発信 岡モータースキャンピング隊 ニュース
岡モータースキャンピングカー担当の日常も含めた思うがままの気ままなブログです。
安心という選択。

昨日、ビックリドンキーで夕食を頂きました。


よくドンキホーテと言い間違う僕。

皆さんも、あるある?

イワキャンです。


さて、ここ数日…


軽検査協会に通う毎日。




ミニチュアクルーズを積載車から下ろして次に向かうのは…




こんな検査ライン。

何回もこの話をしたかもしれませんが、こういう見学コースがあることはご存知でしょうか?

この手すりの内側は、どなたでも入場可能となっていますので、もし暇な時興味がある方は覗いてみてもイイかも?






こういう、丁寧な看板もあってわかりやすい。


まずは、前菜の排気ガスの濃度のチェック。

エンジンの調子が悪ければ、ここで引っかかる事有り。









で、

次はいきなりメインディッシュ

①簡単なホイールアライメント

②スピードメーターの誤差点検

③ヘッドライトの光の角度の点検

④最も大事で命に関わるブレーキ試験


これらが、順番に高そうなテスターの上で計測されます。


この最も重要なブレーキ試験は車の重さと照らし合わせてきちんと行われております。


じゃあ、どうやって重さを測ってるか?


それはホイールアライメントの計測する場所で自動で行われています。ハイテク。


鉄板の上をゆっくり進むという指示の場所があるんですが、そこで行われています。


しかも


ホイールベースまで自動計測!


このハイテク技術により、スムーズに流れる訳でして…

ご苦労様です。


話は戻りまして、車が重くなればもちろん、ブレーキは効きづらくなりますよね。


ミニチュアクルーズも比較的軽量化には努めてますが、やはりサブバッテリーなど含めると、ちょっとがたいの良い男性一人位の重量になります。

SVの場合はさらに30KG位は重くなります。


ベース車はバンですので350KG積載能力があるから大丈夫だとは思いますが、それはあくまで想像の話。私たちは、安全を証明しなくては、自信を持ってオススメ出来ません。

その為の、ミニチュアクルーズシリーズに関しましては完成後は1台1台検査を行っているわけです。


中には、そんなのしなくてイイとおっしゃる方もいらっしゃいますが、当社としての答えは…

NO!


頑固ですね。


お許しください。

でも、これ故ベース車の保証書もスズキメーカーより正式に発行されますし、車検も問題なくクリアできますよね。





そのメインディッシュが終われば、念の為?新車でも下回り検査。

新車だろうがボルトの緩み、オイル漏れ、排水タンクの取り付け状態、見えるもの全て検査されます。





そして、デザートに、室内点検&一輪ごとのタイヤにかかる重量を再測定。


4ナンバーですので、基本の荷室の寸法、間口、全て計測です。

デザートは甘いですが、検査官は甘くありません。


タイヤから座席までの寸法もきちんと測るんですよ、毎回…


流石に、ホイールベース伸ばしてませんから~って毎回心の中でつぶやく。


大袈裟ですが、きちんと国に認められた
クルマという事です。

そんな感じで、全国の皆さんに自信を持ってオススメします。






それにしても、毎回毎回テストを受けてる様で、緊張するんですよ!


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
ぽちっ!と一票応援ください。 皆様、ありがとうございます。この前、見失った我が家のゴキちゃん…未だに発見出来ず…コンバットがいいの?それともホウ酸団子?イワキャンでした!




OKAMOTORS Facebook Click!


軽キャンから本格キャンピングカーまで~



オリジナル軽キャンニュース



当社ホームページ



リンク



注意!



カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ご訪問ありがとうございます


ジオターゲティング



最新記事



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR