四国香川発信 岡モータースキャンピング隊 ニュース
岡モータースキャンピングカー担当の日常も含めた思うがままの気ままなブログです。
最近多いカムロードの不具合。
全く、ジャパンキャンピングカーショーに行く準備していない隊長です。

最近パラパラ出てきたカムロード、ディーゼル車の不具合ですが、
エンジンの温度を調整しているサーモスタッドが・・・・・・・・・



開いたままで、水温が上がらない‼️

暖房が効かない‼️



水温計が上記ぐらいで、さらに暖房が効かない場合は、要注意です。

ここからが重要です。
平成20年以降ぐらいからの3000ccのDPR付き車は、排ガス浄化装置が定期的に作動しますが、水温が60度以上にならないと作動しなくなり、

最悪、エンジンが保護モードになり低速走行しかできなくなります。

遠方にお出掛け時には大変困りますので、

最近暖房の効きが悪い。

水温計の位置が今までより低い。

などの症状がございましたら、お早めに‼️

ちなみに、正常なサーモスタッドは
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


きちんと閉じてます。

逆に・・・・開か無ければオーバーヒートします。

車種によりますが、カムロード、ディーゼルの場合88度で全開に開きます。

そもそもサーモスタッドとは

水冷式エンジンは、シリンダーブロックやシリンダーヘッドに設けられた「ウォータージャケット」と呼ばれるスペースやエンジン回りに張り巡らされたウォーターポンプに冷却水を通し、エンジンを冷却しています。
エンジンがまだ温まっていないうちは冷却水も冷たいので、ラジエーターで冷やさずに、早くエンジンを温めるためにそのまま循環させます。

冷却水の温度が上がると、今度はエンジンを冷やすためにラジエーター側へ流れるようにし、冷却水を冷やします。

サーモスタットはエンジンとラジエーターを結ぶホースなどの中間に位置し、冷却水の温度が高くなると弁を開いてラジエーター側に冷却水を送ります。

というのが、サーモスタッドのお仕事です!!

ご参考までに!!

にほんブログ村更新の励みになります。ポチッ!と応援よろしくお願いします。今日もブログネタが無く・・・・うんちくをたれた隊長でした。
fc2blog_201701212143591c7.jpgfc2blog_201701251921314d2.jpg






OKAMOTORS Facebook Click!
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://okamotorscp.blog118.fc2.com/tb.php/2486-054b8a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

軽キャンから本格キャンピングカーまで~

pict-展示場

ミニチュアクルーズSV 動画 ← スカウト御免!岡モータース専属俳優エ〇ラジさん出演!



オリジナル軽キャンニュース

ミニチュアクルーズオリーブ 新発表!! オリーブ色のベッドマットにオークファニチャーを採用し、落ち着きをご提供。

pict-_MG_6209 aa



当社ホームページ



リンク



注意!



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ご訪問ありがとうございます


ジオターゲティング



最新記事



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR